ホーム > 構造設計

構造設計

家族が「安心」「快適」に暮らせる家づくり
伸英開発のこれからの「安心基準」
スーパーストロング構造体バリューを標準仕様。さらにMIRAIEにも対応。
伸英開発のこれからの家づくり/地震に強い家
伸英開発は目に見えない“構造・工法“にしっかり目を向け、子供の代まで受け継がれる、長持ちして地震に強い家に取り組みます。
耐震等級3相当で建てる、伸英開発のこれからの家造り。
「耐震等級3」は、国土交通省が定めた住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。スーパーストロング構造体の家は、この建築基準法に基づく基準の1.5倍もの耐震性を備えた「地震に強い家」です。
さらに、揺れに耐え抜く住まいを追求し、伸英開発では住宅制震ダンパー「ミライエ」(※1)にも対応し、家をもっと長持ち、地震に強い家づくりをに取り組んでいます。

(※1):「ミライエ」はオプションです。